フラッシュダンシュ 外資系 IT企業サラリーマンの断酒日記

70年代生まれ 男 東京在住 外資系IT企業法人営業 わらしべ長者的にキャリアアップをしています。 断酒による日々の変化を記録。 少しでも参考になれば嬉しいです。 趣味 : サーフィン (ショート、ロング 千葉)、スケートボード (クルージング)、筋トレ、オートバイ (モトクロス)

カテゴリ: パーティー

朝から友人の結婚式に参加。
動揺しすぎて、地元の駅に着いた時にスーツを忘れていることに気がついた。
いろいろとバタバタしている中だったので動揺はあったけれど、仲間に会うことによって気分も晴れた。


 スクリーンショット 2019-08-05 23.31.06

明日から短い休暇に入る。

最近、仕事のことが頭を支配気味なので 少しリセットしよう。
出席しなくてはいけないミーティングやらをチームに割り振って準備万端。

リフレッシュしよう。


 16

year-end party 外資企業の忘年会
場所だったり、やることが派手だったりするけど要は忘年会。

お酒を飲まなくなって、正直なところ会社のイベントは出席はするものの早めに退散することが多くなった。

シラフだと騒ぐ気になれなし、真面目に仕事や会社のことも考えてしまう。
パーティー中の時間も持て余してしまうので、そういう時はちょっと外へ出て散歩している。

酔っ払っている人も見たく無いし。
無理して合わせることもない。


55
 

午前中に仕事を片付けて、午後は社の全体会議で使うプレゼンを資料を作成。

基本的に人前に出て喋るのが好きなタイプの人間では無いのだけれど、これも仕事だ。
チームのパートを確認して、数回練習をして本番。

結構上手くいって反応も良かった。上司やその上の上司からも褒められた。
自分のプレゼンスをあげる為だけではなく、他部門のスタッフを巻き込んで行ったのが評価されたようだ。

その後の社内パーティーで遂にノンアルコールビールを発見。
 やっとこの会社も気づいてくれたか。酒を飲まないという選択をしている人間がいることを。

皆と交流をして帰宅。

夜中にジムへ。

週2回行けるとやっぱり気分が良い。




22
 

社内イベントがあり、17時からケータリングサービスをカフェテリアのようなオープンスペースを使いパーティー。

外国人は基本的にアルコール強いので、シャンパン等も大量に用意されていた。
本当に大量に。


乾杯だけ参加する人、忙しいので不参加の人、そのまま仕事を切上げて同僚と飲み続けている人等、皆それぞれ自由にやっている。

俺は乾杯して談笑後、いったん仕事に戻った。


どうしても今日中にやっておきたいことがあったので珍しく残業していたところ、ひとりの同僚がオフィスフロアへ戻って来た。

かなり酔っている。その時で既に20時半くらいだったので社内で3時間半は飲み続けていた模様。

オフィス内を歩けるようなレベルではないくらいの酩酊っぷり。

その後、別の同僚とその人について話したところ、どうやら本格的にアルコールの問題を抱えているようだった。

ランチの時もお酒を常に飲んでいるらしい。

依頼したことが何時までたっても進んでいなかったり、時間にルーズだなと感じることが数回あったのだけれど、これが原因だったようだ。

俺も断酒前ってこんなのだったのかな。
昼に飲んだりしてないからここまでは酷くないと信じたいけど。

意識していないところで人に迷惑をかけていた可能性はゼロではないよな…


二日酔いや酩酊状態で必死になって仕事をやろうとしているから、余計神経が疲れてしまっているのだろう。

結局、効率が悪くて仕事がどんどん溜まる。

酩酊して捻れた状態の頭で考えていても解決しない。


この人も断酒しか道はないと思うなあ。




53





 

↑このページのトップヘ