フラッシュダンシュ 外資系 IT企業サラリーマンの断酒日記

70年代生まれ 男 東京在住 外資系IT企業法人営業  断酒による日々の変化を記録。 給料を上げることだけを考えていたように思います。給料は上がっていったけれど、何かは失っているような気もしています。

カテゴリ: 仕事

普段は休日に絶対仕事をしないのだけれど、今日中にやらなくてはいけない仕事のトレーニングがあったのでちょっとやってみた。やる気になった要因のひとつに最近仕事の調子もよくインセンティブの割合が大きくなったということもあるかもしれない。入社時の2年数ヶ月前に計算したとこり売上が伸びている。このまま伸び続ければ安泰だなと。仕事中に猫がやってきた。癒されるなあ。

スクリーンショット 2024-03-31 13.11.29



8年前に働いていた会社の同僚が近くに引越してきたのでランチに行くことにした。コロナ禍中は会っていなかったので数年ぶりの再会だ。オレが断酒する前に出会っているので一緒に何度も飲みに行ったことがある。彼は結婚して二人目の子供が間も無く産まれるとのこと。そのタイミングで家を購入した模様。朝の激しい雨がちょうど小雨になるタイミングで合流して2時間半ほど近況報告をした。昼はワンタンメンを食べた。数少ない友人のひとりだなと思う。大切にしよう。

夜は子供が友人と外食するというので妻と散歩がてら外食。何度が来たことのあるパン屋。パンが少し高いけれど美味しい。その後数駅分くらい散歩した。伊東四郎の家を発見。かなり大きかった。

スクリーンショット 2024-03-31 13.46.44


スクリーンショット 2024-03-31 14.17.12




社内のスタッフとランチ。夜は自分の部署からひとり退職するので送別会。たまたま重なってしまった。ランチにはスクーターで出かけた。話していると、オレが以前働いていた会社の元同僚と結婚していることが判明。外資系ITの世界は本当に狭いなあ。送別会はオレとオレより年上の同僚だけが時間通りに来て、送別される人、上長など皆遅刻。まあそんなもんだろう。皆結構酔っ払っていた。酒を飲まない飲み会も7年以上だな。昔とは大違いだ。自分にはアルコールは合わなかったと分かっただけでも凄い発見だった。あのまま飲んでいたら健康ではなかったと思うし。
都心の店ったけれど、ホールスタッフが外国人になっていたのが印象に残った。日本人は集まらないのかもしれないけれど。


スクリーンショット 2024-03-31 14.13.29


1月にバイクで手首を怪我して1ヶ月半安静にしていた。2月の後半から復活して少しづつ腕立てふせをするようになり元気を取り戻せている気がする。
朝起きて各部屋をルンバで掃除。毎日驚くほどホコリが取れる。あれは何なんだ?服やカラダから出るのかなあ。
ルンバが頑張っている間、頭の中をスッキリさせる為に15分ほどノートに手書きで思ったことを書く。
掃除の後に神社まで散歩。Amazonのaudibleを聴きながら。
そして帰ってきてから仕事。夕方まで。その間に野良猫が遊びに来たら戯れたり。エサあげてるだけだけど。
17時から食事の準備をして妻が帰って来てから子供と3人で18時くらいから食事。先月からお米は電子ジャーを使わないで鍋で炊いてる。もう慣れてきたな。

スクリーンショット 2024-03-22 11.36.07


スクリーンショット 2024-03-22 11.35.56


その後は仕事のPCは一切開かない。そういう日々。
在宅勤務も5年目。人と会うこともかなり少ないので、たまにはランチくらい行こうかなと最近考えている。来週は2回知り合いとランチの予定。




午前の散歩、部屋の掃除、整理、筋トレと最近の日課を済ませたあと、軽く昼ごはんを作って食べた。ブロッコリーとウィンナーをレンジで温めただけだけれど。午後からスクーターに乗り新宿へ。久しぶりに銀行口座からお金を下ろした。なんとなく行ってみたくなったので。ライダースを来て走ったけれど、帰りは少し寒かったな。
帰りに本屋に少しより立ち読み。audibleにまだなっていないのもあるので軽く読んでみた。audibleにしてから1日1冊以上は聴けているのでいい感じ。知識が増えて脳に刺激が入るのは気分がいい。
孤独感も少なくなるような気がする。

スクリーンショット 2024-03-13 21.15.11

↑このページのトップヘ