フラッシュダンシュ 外資系 IT企業サラリーマンの断酒日記

70年代生まれ 男 東京在住 外資系IT企業法人営業 わらしべ長者的にキャリアアップをしています。 断酒による日々の変化を記録。 少しでも参考になれば嬉しいです。 趣味 : サーフィン (ショート、ロング 千葉)、スケートボード (クルージング)、筋トレ、オートバイ (モトクロス)

カテゴリ: 転職

自宅勤務中の今も数回食事に行ったりしていた同僚から退職するとの連絡を受けた。
転職の相談も受けたいたので半分納得、半分驚き。
保守的な人物だと思っていたので転職の決断はしないと思っていたので。
今週でもう終わりというので、待ち合わせてお茶へ。
話を聞くとポジティブな転職だったので頑張って欲しいと思う。
自分は散々転職をしてきたが、自分の周りが辞めるという話を聞くと少し寂しい気分になる。
オレの時はどうだったのだろうか。
残念に思ってくれる人が少しでもいたら嬉しいな。




スクリーンショット 2020-10-13 23.54.14
 

無事に新しい就職先が決まった。
今の会社には今月末までで退職が決まっていたのでタイミング的にも最高だ。
仕事を紹介してくれた転職エージェントのオフィスに呼ばれて書類にもサインをした。
声をかけてもらって電話面接1回と対面での面接が3回。
トータルで35日でサインまで完了した。
これは今までの経験でも相当に早い。
まだ上場していない企業なので、内部プロセスが複雑では無いのもかもしれない。
これで気持ちよく年が越せそうだ。
今の家に引っ越して来てちょうど丸1年の今日に決まったのというもの嬉しい。
給与面もまたアップした。
この会社で力を蓄えて、次はカントリーマネージャーを目指そうと思っている。





スクリーンショット 2019-12-28 00.05.52
 

4次面接。今回は各部門のマネージャー達とカジュアルミーティング。
5対1でディスカッション。
上手くいったとは思うけれど、なんともいえない。
結果は明日わかるようだ。
しかし、最近は自分が歳をとったことを感じる事が増えた。
ひとまわり以上違う人たちと働く必要があるので。
外資系ITも大手以外は若い人が増えているので。


スクリーンショット 2019-12-26 23.42.53
 

3次面接でカントリーマネージャーの前でプレゼンをした。
事前に創業者の本を読み、サイトも読み込み1、2時面接で会った上司になる人と連絡を取り必要な資料なども集めて準備には時間を使った。
面接およびプレゼンに関しては予想以上にうまくいったと感じている。

今までかなりの転職をしているし、面接も過去相当数していると思うけど面接先でプレゼンするのは初めて。
過去にプレゼンを要求された企業もあったけれど、正直入るか入らないかわからない企業の為に自分の時間を割いて準備する気が起きなかった。
今回の企業は将来性と給与面にかなり魅力を感じたことと自分の今までの経験からプレゼンが組み立てらると感じたから。

プレゼンを考える事によって、その企業について相当時間をかけて調べることが出来たので結果良かったなと。








スクリーンショット 2019-12-20 03.04.45




 

明日の面接に備えてプレゼンの準備。
ギリギリにならないとエンジンがかからないのは相変わらず。
資料だけは事前に読んでいたのでまだマシか。
自信を持ってやろう。
深呼吸して。
脳に酸素送って。



スクリーンショット 2019-12-18 23.46.20
 

↑このページのトップヘ