フラッシュダンシュ 外資系 IT企業サラリーマンの断酒日記

70年代生まれ 男 東京在住 外資系IT企業法人営業 わらしべ長者的にキャリアアップをしています。 断酒による日々の変化を記録。 少しでも参考になれば嬉しいです。 趣味 : サーフィン (ショート、ロング 千葉)、スケートボード (クルージング)、筋トレ、オートバイ (モトクロス)

カテゴリ: 投資・運用

証券会社からマイナンバーを登録しろとの書類が届いた。
書類で送ったりアプリ経由で送ったりと何度もやっているが何回もやり直しの依頼が来る。
いったいどういう仕組みになっているのだろうか?
対応している人たちもロボットのように同じ言葉を繰り返すのみ。何故やり直しになるのかが全く不明。
言い方悪いけど、人間では無くても出来る仕事は淘汰されるだろうなあ。

 
スクリーンショット 2021-02-20 12.41.52
 

毎年40万円の積み立てNISAから年間120万円の非課税投資枠があるNISAへ切り替えた。正直よくわかっていない。若い頃は貯金なんて殆どなかったのに、今は金融資産を眺めるのが趣味になっている。人間って変わるもんだ。もっと早くから投資について考えていたら、今もっと楽だった気がする。タラレバはないか。その一方で、先のことを考えずに無鉄砲に生きてきたから今の生活を手に入れたとも考えられる。転職や不動産購入など。クルマやバイクも必要以上に持っているし、週末サーフィンの為だけにサーフボードを10本ほど所有していたり。しかし最近守りに入ろうとして数十年先までの利回りを計算するようになって心配事が増えたように感じている。今を生きていないというか。将来のこと、老後のことを考えることも大切だけれど、今を全く生きていない。70代、80代になった時のことを考えている。
自分が中学生の頃に読んだカヌーイストの野田知佑の言葉をよく思い出す。「イギリス人の若者は年寄りのようだ。引退後の生活についてばかり考えている。」と。
その時は絶対にそんな生き方つまらないと思ったけれど、今はそちらの考え方にも共鳴する。要は早期引退して利回りで生きるってことをヨーロッパの富裕層は昔から考えていたんだろうな。



スクリーンショット 2021-02-20 13.28.36
 

自分の老後というか、5年10年先に仕事を引退することばかり考えている。昨年始めた株式投資によって考え方が変化していったように感じる。それまでは外資企業で働いて今の給料を最大化することのみに注力していた。しかし歳をとるにつれてチャンスは少なくなることは目に見えている。50代のIT営業はそれほど多くはいないので。近い将来仕事を失うことは確実だ。投資もビギナーズラックなのかうまくいきゲーム感覚で資産が増えていった。しかし株価によって大きく変動する資産は少なからす日常生活に影響を及ぼしていたことは事実。そうしているうちに2冊に出会った。

FIRE 最強の早期リタイア術
「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え 
こらの本と出会うことにより投資をインデックスに集約するようになり心の安定を得たように思う。ハイリターンではないけれど確実。心を安定させることにより仕事に集中して稼いだお金をインデックス投資に回す。これがこの先3年から5年の計画。



スクリーンショット 2021-01-05 9.22.21

売却したESPPのお金が入金された。売却して証券会社の口座と入金して欲しい自分の銀行口座を紐付けるの数日かかった。数年前にもESPPを売却したことがあったけれど、今回違いを感じたのは口座を紐づける時にテロ組織の資金源ではありません等の認証が多かったことだ。金融機関によるのかもしれないけど。入金されたお金はまたインデックスなどに投資をする予定。


スクリーンショット 2020-12-31 20.36.26

 

前職で買っていたESPP( 従業員株式購入プラン:Employee Stock Purchase Plan)が購入時から約6倍になっていたので売却に着手。
Webサイトのパスワードが変更出来ず金融機関へ電話。なんとか変更出来て売却へ進むことができた。頭の中に引っかかっていたことがはっきりすると気分が良い。めんどくがって放置していたことにより6倍になったとも言えるので結果オーライか。


スクリーンショット 2020-12-31 19.28.19


 
 

↑このページのトップヘ